審査員紹介

世界各地の業界専門家が、それぞれの豊富な経験を活かして優秀な作品を絞り込みこのチャレンジイベントの各ラウンドで最も美しく技術的に挑戦的かつ最も印象的なカーラッピングを選び出します。

地域勝者、大陸勝者、それに「ラップ・オブ・ザ・ワールド」を選出するこうしたえり抜きのインストーラーや技術スペシャリスト、業界専門家のプロフィールを知ってください。



MOLLY WATERS

モリー・ウォーターA

モリー・ウォーターはエイブリィ・デニソン グラフィックスソリューションズ北米のシニア・テクニカル・スペシャリストです。ウォーターはカーラッピングがまだ広まっていない、1997年にエイブリィ・デニソンへ入社し、それ以来、業界の進化、ラッピングの時代の変化を目の当たりにしてきました。オートモーティブの業界に19年以上関わり、業界にも精通しています。エイブリィ・デニソンのシニア・テクニカル・スペシャリストとして、ウォーターは北米のお客様、ショップなど様々なお客様とラッピング業界について話し合っています。最近ではエイブリィ・デニソンのブログや事例やテクニカル観点から見るアプリケーションの情報などを発信しています。

JUSTIN PATE

ジャスティン・ペイト

ジャスティンはエイブリィ・デニソンの認定施工者およびトレーナーであり北米、ヨーロッパ地域にて20年以上の経験を持っています。またジャスティンは北米におけるエイブリィ・デニソンのカーラッピングワークショップ、認定試験の責任者でもあります。トレーニングのプログラムでは彼が独自に編み出した施工方法、施工のクオリティを上げ、施工時間を下げるといった内容になります。ジャスティンはThe Wrap Instituteの共同オーナーでもありオンラインで学べるラッピングのプラットフォームは現在約1000種類以上の動画(130時間相当)となっています。

MYLES KOVACS

マイルズ・コバックス

マイルズ・コバックスはDUBマガジン社の共同オーナー兼社長です。DUBマガジンは北米における最先端のカーカルチャー、芸能人とその愛車にフォーカスした雑誌です。コバックはオートモーティブ業界に25年携わっています。2000年にDUBマガジンが創刊されるまではカスタムカーのデリバリーをしていました。2000年以降はDUBマガジンカスタムオートショー&コンサートの発刊、DUBエディションのカーアクセサリー、ビデオゲーム、実際の車両やおもちゃの車両ホイールのデザインなど様々な形で車に関わってきました。彼の”夢の車”はBJ Baldwin, Pro Truck Racer - Dodge Ramの”Trophy Diesel”である。

PETER WRIGHT

ピーター・ライト

ピーター・ライトは1996年から印刷業界に携わっており、彼もまたデジタル印刷の進化、特殊フィルムの多様性を目撃してきた一人です。エイブリィ・デニソンに入社して9年、オーストラリア、ニュージーランドを中心に世界の様々な施工者と仕事をしてきました。オーストラリア、ニュージーランド、ASEAN地域にて2000人以上にトレーニングを実施してきました。”今年のラップライクキング参加者を見るのが楽しみです。デザイン、創造性の境界ギリギリまで発揮して車をかえる、特にレベルの高いクオリティと繊細な部分にも施された技術の部分を見ていきたいです。”

木下純(JUN KINOSHITA)

Avery Dennison Graphics Solutions, Japan

木下純はエイブリィ・デニソン・ジャパンのグラフィックスソリューションズのセールスマネージャーです。木下は2009年に同社に入社しCWI(認定施工制度)を推進してきました。またジャスティン・ペイト氏を招いてのワークショップも4年ほど展開しております。日本で展開するワークショップには述べ1000人ほどの参加者がおり、認定施工者は現在34名になる。”世界で注目される大会の審査員に選ばれて光栄です、様々な国のテクニック、アプローチ、トレンド、文化に触れられるのが楽しみです。”

アレイン・カルカット
(ALAIN CARCAT)

Avery Dennison

アレイン・カルカットはエイブリィ・デニソンで25年間働いており、製品管理と販売に専門的な経験を持ち、現在は南ヨーロッパの技術サポートとして働いています。 フランスに拠点を置くカルカットの役割は、営業担当者、顧客、およびエンドユーザーと密接に協力し、ニーズと機会を見出すことです。また、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルのグラフィックスセンターでトレーナーと協力しながら、多くの施工者や業界の専門家と出会い、南部地域のトレーニングを実施しています。”施工者、コンバーター、エンドユーザーと交流することは、素材がどのように使用されているかを見る絶好の機会であり、ラップ・ライク・ア・キングを通じて新しいトレンドを見ることを楽しみにしています。”

MARK RICHARDSON (マーク・リチャードソン)

Director of Elite Wraps and Vehicle Graphics, Europe

マーク・リチャードソンは、英国のElite Wraps and Vehicle Graphicsのディレクターであり、ラベル業界で24年の経験を持ち、ラッピング業界で15年の経験を持っています。 リチャードソンは2011年にエイブリィ・デニソンの認定トレーナーになり、北欧でワークショップを開催しています。”トレーニングの目的は、複雑なことを教えることではなく、ラッピングの基礎を簡単に教え実践的な演習を通じて実践的な技能を身につけることだと思っています。私はさまざまなデザインや異なる材料の組み合を見ることを楽しみにしてます。 "

MARCO KIMME

Chairman of the German Wrapping Association (GEWA)

マルコ・キンメはドイツ創設協会(GEWA)e. V.の創設メンバーであり、会長の一人でもあります。 GEWAは、ラッピングの技術指針を定義するために設立され、ドイツのラッピング基準となっています。また、GEWAは品質保証と資格審査制度を開発し、施工者の生活をさまざまな部分でサポートしています。 マルコ・キンメはGEWAでの活動は100%自発的に行っており、普段はオルデンブルクのインタックス社のダイレクターです。“クラフトマンシップとカーラッピングは私が非常に関心のあることなので、審査員という立場からすべてのプロジェクトを見ることができて嬉しいです。”

 

Live Chat Software